プロフィール

フォトアルバム
香川ときどき店長

こんにちは。ホールスタッフの香川と店長の柚原です。毎日の出来事で感じた事や思ったことなどを色々と書いています。ぜひ読んでくださいね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年5月 | メイン | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

猛暑です…。

澁谷です。

とうとう、暑い、暑い夏がやって参りましたsun
当店のランチにみえるお客様も、汗をふきふき扇子を片手に来店されるようになりました。
料理長をはじめ厨房のスタッフも、ひーこら申しながら一生懸命仕込みに励んでおります。

愛知県の夏って、本当に暑いですよね。
私は福井県の涼しい漁師町の出身ですので(某大統領と同じ名前のおかげですっかり有名になりました)、名古屋での初めての夏は非常に辛かったです。
それでいて、冬は冬でけっこう冷えるんですよね…wobbly

なぜ、名古屋の気候はこんなに暖寒の差が激しいんでしょう。

聞いたところによると、名古屋の夏の暑さは、フェーン現象によるものだそうです。
夏型の気圧配置になると、高気圧のへりに沿って湿った西風が鈴鹿山系を登り、乾いた熱い空気が濃尾平野に下りてきます。
だから38度近い時は、そんなに湿度は高くありません。
むしろ6~7月の梅雨の晴れ間なんかは、非常に蒸し暑くなります。

冬は伊吹おろしがありますし(10m~15m)、冬型気圧配置になると関が原から雪雲が流れてくるため、今度は相当寒くなるんだそうです。

住みやすいと言われる名古屋ですが、気候に関しては「……」って感じですgawk

これからますます暑さが厳しくなりますので、皆様くれぐれも夏バテにはお気をつけてお過ごしくださいませ。
あ、スタミナ補充には当店のBランチ「ハッピーポークの焼肉丼」がお勧めでございますよwink

2011年6月 8日 (水)

ランチコーヒー

澁谷です。

ランチご利用のお客様から、よく
「食事は美味しいけど、コーヒーが…」という
お声を頂戴しておりましたcoldsweats01

そこで、当店華綺久では、
「もっと美味しいコーヒーを出そう」と
スタッフ一同で会議をおこないましたwink

その結果、UCCさんと提携し、
より美味しいコーヒーを
ご提供できることになりましたhappy01

来週からは、その記念キャンペーンとして、
お一人様一杯ずつ、サービスでお出しいたしますcafe

「変わったね」というお声をお待ちしておりますsign03

2011年6月 7日 (火)

スイカの香り

トップページでも、私・澁谷の微妙なイラストで
ご紹介しておりますが、
今週から鮎を入荷いたしました。

私も一切れいただいたのですが、
やはり…するんですよね、スイカというかなんというか、
あの独特のあまーい香り。
ちなみに英語では「a sweetfish」と表記するんだそうです。
まんま、ですねhappy01

この独特の香りについては
もちろん、好き嫌いあるかと存じますが…。
それにしてもなぜ、こんな香りがするんでしょう??

興味を持ったので、少し調べてみましたwink

香りの源は、鮎の食べるコケなんだそうです。
鮎は大きくなると、硅藻(石に付いたコケ)を食べるんですが、
その食べる硅藻により香りが違ってくるんだそう。
同じ河川でも、水質の綺麗な上流域の方がプンプンとスイカの香りがするらしいです。

しかし、最近は水質の悪化なのか…スイカの香りがする鮎が減っているみたいですねdespair
昔は鮎釣りのシーズンになると『昔は川に行っただけでスイカの香りがした』とのことです。
水質も良い河川で育った鮎はスイカの香りがします。他の淡水魚の様に生臭くないので、川魚が苦手でも鮎なら食べられるというお客様もおみえです。

話は変わりますが、私は小学生の頃に「釣りキチ三平」という漫画を愛読しておりまして(おっと、年齢がばれますねsweat01)、物語の中で憧れの魚として登場したのが鮎でした。

ほっそりとした見目の美しい、甘い香りがする魚…。
いつまでも、日本の鮎にはそんな「sweetfish」でいて欲しい。

久しぶりに鮎の香りを嗅ぎながら、そんな想いを馳せるのでありました。

割烹居酒屋 華綺久 のサービス一覧

割烹居酒屋 華綺久